中華鍋で料理が変わる!!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今回紹介するマニアグッズは、ずばり、中華鍋です。

近所の量販店の家庭用品コーナーに行くと、おいてある鍋はほとんどが、テフロン加工タイプの平たいフライパンしかおいてありません。

20130406-1

これが、落とし穴なのです!

いや、別にこれが悪いと言っているわけではありません。たしかに、このフライパンを使用すると、焦げ付きがほとんど出ませんし、掃除も楽です。

家庭でちょっとしたあっためものを料理するときは、非常に便利ですし、多くのひとは、それで必要十分でしょう。このフライパンでできることと、このフライパンで出来ないことを差し引くと、圧倒的にこのフライパンでできることのメリットの方が大きいです。

しかし、もし、あなたが、中華料理屋のチャーハンや野菜炒めを目指すのであれば、残念ながら、このテフロンぺちゃんこフライパンでは不可能です。

■何が違うのか?

 

この鍋の違いを解き明かしていくに当たり、一番ポイントとなるのが、中華鍋の取っ手は、なぜ、むき出しの鉄なのか、のところなのです。

中華鍋で料理をしているプロたちを見ると、ほとんど例外なく、中華鍋の取っ手を、フキンなどをでくるんで鍋を掴んでいます。

普通、それだったら、中華鍋の取っ手を、プラスチックなり、木の柄なりをつければ、素手で持てて便利なのに、と思うのが普通だと思いいます。

しかし、プロが使う中華鍋の取っ手は、フキンなどを巻く手間があっても、むき出しの鉄を使っています。それは、中華鍋の調理法に答えがあります。

■中華料理は火が命

中華料理は、とにかく、火力が命。本場では、鍋底が熱で赤く変色してしまうほど、火力を上げるそうです。なぜなら、強い火力で瞬間的に食材を熱することで、食材の旨味を残したまま、調味料を絡めることができるからです。炒め料理というのは、味をしみこませるのではなく、味を付着させるというわけです。素材は、時間をかければかけるほど、水分が出てきてしまい、ベチャベチャになってしまいます。

■中華の火力のすごさ

中華料理において、とにかく火力が大切なのです。火の設備が整っていない、中華料理の屋台の店舗などでは、火力を補うために、酸素ボンベで酸素を吹きつけて火力を高めることもあるそうです。そこまで強い火力になると、中華鍋の柄がプラスチックであれば、溶けてしまうし、木の柄であっても焦げてしまうのです。そのために、プロが使う中華鍋の柄は、むき出しの鉄のままなのです。

■家庭で中華料理を美味しく作る方法

中華鍋の柄が鉄である理由からもわかるように、中華は火力が決め手です。よって、家庭でパラパラチャーハン、シャキシャキ野菜炒めを作るには、とにかく高い火力を使えばいいのです。また、中華鍋を絶えず振っているのを目にしたことがあると思いますが、そのようにすることによって、炒めものに均一に熱を伝えるのです。また振りやすいように、中華鍋の底は丸いのです。
家庭では、思うように強い火力を使えないかもしれませんが、とにかく、振り続けることによって、中華料理店の味に近づくことができます。

ということで、中華料理店の味を出すには、まず、中華鍋が大切なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください