バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

バックを床に置くと横に倒れて困る!から開放!

バッグを床に置いたり、机の上においたりした時に、パタッと横に倒れてしまったりすると、困りますよね。

バックの横が汚れちゃったり、中の物が出ていちゃったり、みっともなかったり。

中にものがパンパンに入っていれば、そんなことあまりないんですけども、あまりものが入っていないと、倒れちゃったりしますよね。

バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」 1

  • もしそれが就職面接とかだと、 >印象最悪
  • もしそれが喫茶店とかの床の上だと >バッグが汚れる
  • トートバックとかだと >中の物がでてきちゃう。。。

バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」 6

お客さんと名刺交換をするときに、両手で名刺を渡すために、バックをちょこっと床に置いたら、パタリと横に倒れてしまった・・・・これではビジネスマン失格ですw

バックが倒れなくするだけでない!便利アイテム

バックを置いて倒れることになんのメリットもありません。

いや、デメリットしかないですよね。バックを買うときに、倒れないバックを選ぶしかないですね。

でも、今のバックをずっと使っていたい、そんな人もいることでしょう。

今のバックを、なんとか、倒れないようにできないだろうか?

そんな、マニアックな悩みを解決するのが、隠れたベストセラー、カバンの骨なのです。

 

バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」 2

 

これは、バックの大きさに合わせて、フレームを曲げて、カバンの底にフィットさせることによって、カバンを自立させることができるアイテムです。

使い方はいたって簡単。

バックの底に入れるだけです。

バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」 3

 

バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」 4

たったこれだけで、今まで自立しなかったバックが、立つようになります。

バックが倒れる悩み解消!容量が増え汚れもオサラバの便利な「カバンの骨」 5

これが特に活躍するのが、

  • 薄いブリーフケース
  • トートバック

ですね。

たったこれだけのことなんですが、バックが立つか立たないかで、バックを使う快適さが、ガラリと変わります。バックの潜在能力を引き出すといった感じです。

自立する上に荷物が整理されてもっと入るようになる

さらに、この骨がバックの変形を防ぎ、補強してくれるので、荷物の型崩れもなくなり、出し入れしやすくなります。

荷物が入っていない時でも、バックの形が崩れないから、かっこよさも倍増します。

そして何より、おねだんも手頃ですね。

これくらいなら、ダンボールなんかで自作しようと思えば、できるかもしれませんが、材料を用意したり、切ったり貼ったりして時間を使うだったら、手頃な値段なんで、買ってしまって損はないかと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください