生活用品

コーヒーミルは歯で選べ!比較ポイントをマニアが伝授

金属の刃か、セラミックスの刃か?

様々なタイプのコーヒーミルがあります。デザインで選ぶのもひとつの選び方でありますが、もし貴方がコーヒーミルに実用性を求めているのであれば、コーヒーミルを使い倒してきた私の見解が、参考になること請け合いです。

歯は金属とセラミックとどちらがいいの?

まずしたの表を見ていただきたい。

セラミックス 金属
 成型加工性 不良
 硬度
 耐摩耗性
 電気伝導性 不良
 耐薬品性  良 不良

コーヒー豆を挽くための歯の観点からセラミックを考えるとき、ポイントになるのは、

  • 歯の切れ味と耐久性
  • 静電気問題
  • コーヒーの風味

です。これらを上記の表と照らし合わせていくと、おのずと答えが出てきます。

デザインで選べば、圧倒的にカリタさんのコーヒーミルなんですけどね。。。

7527_1
カリタさんのコーヒーミルは、クラッシックなデザインで素敵なのですが、刃が金属なのです。。。

歯の切れ味はどちらがいいか?

まず、「歯の切れ味」に関してですが、これは成型加工性と硬度が関係してきます。成型加工に自由度があるほど、歯を鋭くすることができます。その点は圧倒的に金属が有利です。しかしその分金属は硬度が低いために、最初のうちは切れ味が鋭いけど、使用していくうちに、切れ味が落ちていってしまいます。

包丁などであれば、研ぎなおすことで切れ味が復活しますが、コーヒーミルの歯を研ぎなおすことは不可能です。

セラミックの歯の切れ味としても問題点は、整形加工時に、より精密に作ることができさえすれば、圧倒的に金属よりも切れ味が持続します。昔はセラミックを精密加工する技術がありませんでしたが、今は、技術の進歩により、セラミックの加工技術が上がっているため、金属の代用品として家庭用調理器具にこぞって使われるようになりました。

こうした技術の進歩をかんがみると、コーヒーミルの歯を、切れ味の観点から考えると、セラミックが有利となります。

意外と重要な静電気問題

コーヒーミルの金属歯
歯についたコーヒー粉は酸化しやすい

次に、コーヒーを挽くにあたって、意外と重要になってくるのが、静電気の問題です。

特にエスプレッソが好きな人は、豆をより細かく挽くことになりますが、そのときに、細かければ細かいほど、静電気などで豆が歯に付着しやすくなります。静電気で付着したコーヒー豆は、払ってもなかなか落ちず、そのままにしておくと、豆が酸化し、次回にコーヒー豆を挽いたときにその酸化した豆が新しく挽いた豆の中に混入し、コーヒーの風味を著しく損なうことになります。

電気伝導性がある金属の場合、静電気が発生しやすいために、挽いた後の豆が歯についたままになってしまう現象に悩まされることになります。その点、電気伝導性がないセラミックは、金属よりもコーヒーの粉が歯についたままになることが圧倒的に少ないので、よりコーヒーミルに使用するにふさわしい素材です。

豆の風味を最大限引き出す歯

次にコーヒーの風味です。コーヒーを豆から挽くようなこだわる方は、コーヒーの風味を追求するがゆえに、豆を挽くわけです。コーヒーの豆を挽いているときに楽しむコーヒーの香り、挽いた後のコーヒーの粉の香り、そうしたものを大切にする人にとって、コーヒーミルの歯は、セラミック以外、選択肢はないでしょう。上記の表からも分かるように、金属は耐薬品性でセラミックより劣ります。そのため、金属臭がコーヒー豆についてしまうことがあります。

その点、セラミックは、金属よりも耐薬品性が高いために、コーヒーの香りや風味を損なうことがありません。

以上のことからも、セラミックと鉄と、どちらがコーヒーミルに適しているか、一目瞭然ですね。

 

セラミック歯を利用したコーヒーミル

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button