あせもは入浴剤を入れたお風呂で治そう

あせもは放っておくと全身に広がる

夏になるとあせもが増えます。なるになるとあせもになるという人も多いのではないでしょうか。

というのも、あせもの原因は大量の汗だからです。汗をかいて、汗腺が汗によって塞がれた状態になると、そこから湿疹や炎症を生じて、あせもとなります。

あせもになっても、シャワーなどを浴びて汗を洗い流せば、症状が改善し、快方に向かいます。

しかし多くの人は、あせもはかゆみを伴うために、あせもによって湿疹、炎症を起こした箇所をかいてしまいます。

その際に、爪の間などに含まれた細菌があせもの炎症の部分から侵入し、あせもが細菌に侵され、とびひして、湿疹が全身に広がってしまうことがあります。

よって、あせもができた場合は、積極的に治すようにしなければなりません。

「あせも」の画像検索結果

お風呂に入るとあせもが悪化?

あせもを治すのに入浴は諸刃の剣となります。あせもの原因は汗管に汗が溜まってしまうことによってできる湿疹です。通常であれば、汗管にたまった汗を清潔にすることによって快方に向かうのですが、お風呂などで体があたたまると、湿疹はよりかゆみを増すことにもなります。

その際に、よりかゆみが強くなるために、快方に向かう前にかいてしまい、より湿疹が悪化してしまうという悪循環を繰り返すことにもなりかねません。

では入浴で積極的にあせもによる湿疹を治すにはどうすればいいのでしょうか?

「入浴」の画像検索結果

入浴剤であせもを治す

入浴は患部を清潔にする効果もありますが、同時にあたたまることで患部のかゆみを増すために、それによってかいてしまい、より湿疹を悪化させてしまうことにつながることもあります。

患部を清潔にしながら、かゆみを鎮めることができれば、あせもを早く治すことができます。

それにはかゆみを鎮静させる有効成分が含まれた入浴剤が効果的です。