ノースフェイス・ダッフルバッグのサイズ選びで迷ってる人のためのサイズ比較の資料いろいろ

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

ノースフェイスダッフルバッグのサイズ比較表

 サイズ  容量 寸法  重量 
XSサイズ 31L 45×28cm  930g
Sサイズ 50L  53×32.5cm  1230g
Mサイズ 71L  64.5×35.5cm  1590g
Lサイズ 95L  70×40cm  1840g
XLサイズ 132L  75.5×40cm  2010g
XXLサイズ  150L  80×48cm  2120g

写真で確認するノースフェイスダッフルバッグのサイズ比較

ノースフェイスのダッフルバッグのサイズ比較生活用品

XSサイズを背負ったり持った写真

Sサイズを背負ったり持った写真

Mサイズを背負ったり持った写真

Lサイズを背負ったり持った写真

XLサイズを背負ったり持った写真

XXLサイズを背負ったり持った写真

 

口コミで確認するノースフェイスダッフルバッグサイズ比較

XSサイズの口コミ

  • ショルダーベルトは取り外しができるし、取ってが四か所あるうえに、モールドシステムも四か所あるので、背負子などに固定しやすい。
  • 30Lなのでたくさん入るけどパンパンにすると30kgを超えて重くなる
  • サイズ選びで迷いましたがXSにして大正解。よく考えたら50L以上の容量にパンパンに物を詰めたら重くて大変でしょう。
  • 詰めれば男性なら3日分の衣服や、荷物が入ります 大学の通学には少し余裕があります、
  • 2日分の洋服など余裕に入るのでいっぱい入るリュックを探していたので大切に使いたいと思います!
  • XSは容量が33Lなので、ヘルメット、安全靴、安全帯を入れると割とスペースがなくなってしまいました。着替えをいれるとパンパンになり、簡単な工具までは入らないです。
    夏はいいかもしれませんが、冬は着替えもかさばるので、Sサイズのほうがいいです。
  • 1泊遠征や着替え込のレース用として購入しました。31Lの容量でポケッやト仕切りの数が少ないので荷物の種類が多い私にはどうかと少し不安でしたが、形がしっかりしているのでたっぷり入り、D字型の口で中が見やすくとても重宝しています。それでいて収納はコンパクト。
  • 小さいかなと思っていたんですけど
    ちょうどいい大きさでした!
  • ジム用に最適です!ロッカーサイズとぴったりでした。ロッカーから荷物を取り出しやすいです。

Sサイズの口コミ

  • シリーズで大小別サイズもあったのですが、このサイズのみサイドに外ポケットがあったため、それが使いやすいとの息子の意見で、同サイズを選択しました。
  • 容量たっぷりで荷物が多くても3泊分は大丈夫かもしれません。但し、ポケットが内外に1つずつしかないです。しかも中のポケットはリュックにしたとき、ファスナーを下から開ける感じになるからちょっと開けにくいです。
  • 柔道をしていて 高校でも続けるため今買いました。これなら道着も2セット入ります
  • ちょっと素材が硬すぎてサイドポケットから何かを取り出すのが大変。
  • 二泊三日にはベストの大きさですね!
    普段はジム行く時に使ってるので着替え、シューズも余裕に入ります
  • 機内に持ち込めるギリギリのサイズが欲しくて購入しました。
  • 大きめのショルダーバッグを探してこれにきまりました。
  • 思っていたよりやや小さくて、結局またサイズ違いを購入しました。
  • 思ったよりポケット数が少ないです。内側、外側にポケットがあれば最高です。
  • 写真見るとそんなに入らなそうだけど、実際は入る入る、とっても満足した商品です。
  • 背負いやすく、防水で、夏の4泊分プラスお土産も入り気に入っています。
  • 必要なものをすべて一つに納めることができる大きさに大満足です。内側にポケットや外側に定期が入る程度のポケットがあるとなおいいのですが・・・
  • 3泊の旅行にも十分使えました。
    LCCの手荷物の制限にも問題なかったので
    非常に助かりました。
  • 既に更に小型の同ブランドのダッフルバッグを使用、4年半使用し、壊れることなく現在も使用。二泊程度の外出をすることから、今回50L規格の商品を購入した。期待通り使いやすい。手で下げて持つ機会より、バックパックのように背負いして使う機会が多いことから、背負い部分の素材や構造のみを、登山リュックのように更に本格化(改良)してもらえばと考える。
  • 容量が大きくて、丈夫だから、助かりました。。。
    また、容量50リットルは機内持ち込みもOKです。小さくもなく、大きくもない。このサイズ(50ℓ)が一番よかった。
  • 外側の小物入れが少し小さく、できれば内側に分割スペースがあったらもっと良いかと思います。

Mサイズの口コミ

  • Mサイズは、160cmの身長で荷物を入れて背負うとおしりに当たるくらいです。Lだと大きすぎ、歩きづらかったり、重いものを入れると女性だと背負えないだろうと思い、自分が背負って運べる最大サイズのMにしました。
  • 上からの出し入れが、とても便利です。
  • 中学生の通学用に購入。授業道具一式、部活に必要な物一式(ジャージ、靴、ボールなど)全部入って背負えるので満足ですが、中身が相当重たく(12キロありました)肩紐を短く調節しても重みで伸びるので下の方は結んで止まるようにしてます
  • アメフト行くにも最適。アメフト用具もシッカリ入りました!
  • 3泊4日のスキー修学旅行用に購入。濡れても安心だし、荷物もたくさん入りました。丈夫そうだし、とても良かったです。
  • Mサイズは普段使いには少々大きすぎるみたいですね。ssは小さすぎますから普通の荷物ならsにした方がいいですね。
  • 防水性、耐久性があり、なおかつ形状がフレキシブルでロッカーにも押し込めます。
  • 69Lサイズで2~3日の旅行なら余裕と思いました。

Lサイズの口コミ

  • MサイズとLサイズで迷ったけど、大きすぎるかと少し心配したが、Lサイズで私はちょうど良かった。以前SSとSサイズも使用しました。30年間くらい色々なバッグを使用しましたが、最後にこのLサイズに到達しました。沢山放り込めて、重くなっても型崩れせず背負えて、雨でも安心。冬場は着替えたものを中にしまえるし、サイドポケットも大きくて良いし、サイドの持ち手も良い。シンプルなデザインも良い。以前背負った部分が荒いナイロンでクッションが付いていたが夏場は汗を吸って不潔。今回それが無くなり拭けばいい。サイドのテープでシボって時々調節します。
  • 背負うと身長158センチで首からお尻の下まですっぽり隠れる大きさです。
    キャリーを転がすのがわずらわしくて購入しました。チャックがガバッと開くので旅先での荷造りや整理がとにかく楽になりました。想像以上に荷物が入るので、重さと背負いやすさを計算したパッキングのテクニックが必要です。
  • 思っていたより小さかったので、荷物が入るのか不安でしたがかなりの大容量でした。
    見た目は50Lのと変わらないのですが、まったく容量が違いました。
  • 中学生の娘の合宿用に購入しました。大きさもちょうどよくポケットもたくさんあるので良かったです。
  • 最大まで入れると子供1人分くらいはありそうな大きさになります。
    その大きさのため、街中では人の目を引くようです。
  • 小柄な人は、サイズを考えて購入しましょう。
  • 離島キャンプなんかはコレ一択になるかも。
  • 95Lを注文しました。もっと大きいイメージがあったので小さく感じましたが、これで、高校の宿泊・修学旅行につかいたいと思っています。
  • 今まで使用していたバッグは、サイズが長すぎて、航空機のチェックインの時別のカウンターに回されることが有ったので、このバッグは使い勝手も良く、防水もしっかりしていそうなので安心して使えそうです。

XLサイズの口コミ

  • 100Lクラスで、高品質の旅行鞄を探していて辿りつきました。
  • 蓋裏側にメッシュの袋が付いています。ここに細かい物や薄いファイルを収納できて、意外と便利です。
    その他に中には一切の仕切り等はなく、広大なバックが自由に使えて、非常に使い勝手がいいです。
  • キャリングハンドルの他、ショルダーにもなります。大きなバッグですので、重い際は両肩に背負えて便利です。
  • バッグ収納用の袋が付属し、バッグを使わない際は非常にコンパクトにでき、これに収納できます。
    またバッグ使用中はこの袋を小物入れにもできます。

XXLサイズの口コミ

  • この中にパンパンに詰めると、重くなりすぎて持ち上げるのも難しくなります。軽いものを入れるのであればこのサイズもいいですが、あるていど重量のあるものを入れることを考えているのであれば、サイズ選びは気を付けた方がいいです。

全てのサイズに共通した口コミ

  • 素材自体は強度、防水性は高いのですが、ファスナーと縫製部分は防水処理されてないので、豪雨では当たり前に浸水しました。汎用のレインジャケットで対応できると思いますので、合わせて購入することをお薦めします。
  • 無駄のない機能的なデザイン、付属のバンドでコンパクトにたためる所も気に入っています。
    非常に耐久性がありそうですが、その分素材が固いので初めは開閉にややコツがいるかも?
  • 横に置いた時にバカッと大きく開くため中身の確認も行いやすく、整理整頓もしやすいと感じます。
  • ボストンバックとして利用できるしデザインが気に入ったこともあり、購入に踏み切りましたが、私のようにリュックとしてのみ利用する方はこのタイプでない方が良いかもしれません。
  • バイクに載せて使っています。一年程使用後に大雨の高速道路を800km走行しても全く浸水していなかったので驚きました。ロープを通す場所が沢山あるので荷締めしやすく、ロックストラップ等を使用して工夫すれば荷締めした状態で中身を取り出せるのでバイク用のシートバッグよりも安く、防水性能は格段に上です。
  • 外側にもう少し大きめのポケットがあるとより便利だったかも
  • 丈夫でしっかり硬い感じです。ゆえに重さもそれなりに感じます。
  • こんなにカラフルなのに背負った時に見えるのは ただ黒いだけの長い底生地 というのがとてもつまらない。
  • 底板がないので自分用意しました。板がないと鞄が歪んで使いにくかったです。肩に背負うには、それなりの荷物が入っていないと隙間で中身が寄ってしまいます。ファスナーがやや硬いです。
  • 雨は滲みました。過度の期待は禁物。
  • バイク専用の防水タイプも販売されいますが、普段使いや旅行用途でも兼用できるので、こちらを選び正解でした。
    素材のターポリンも厚みがあり、耐久性はかなりありそうです。ツーリングではまだ使用していませんが、普通にカバーを上面に置けば雨の進入は防げそうです。ファスナーは止水ファスナーではないので起こしてしまうと雨の進入は多少あるかも?
  • 雨に濡れても大丈夫ですし、生地が丈夫なことが安心です。コロンビアの同種類の商品と迷いましたが生地の強さなど含めてこちらでよかったと思います。
  • 最初生地が硬いし使い難いかなと思いましたが荷物を入れて使ってみると悪くないです。
    中敷きを別のバッグから再利用、あった方が納まりはいいと思います。
  • サイドにポケットなどがないため、財布などの出し入れが大変です。
  • ノースフェイスということで信用買いしたのですが、全然ダメでした。本当に失望しました。
    まず、ノースフェイスの主力商品であるリュックタイプと違い、全然防水ではありません。中身の本が全部濡れました。ドラムバックタイプのことなんですが、このバックはドラムバックとしては使えません。ショルダー部分が二本付いていて、リュックとして背負えるように作られているだけで、一本の太い肩掛けを掛ける金具そのものがありません。

ノースフェイスダッフルバッグ販売サイト

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください