髪の毛の太さまで測ることのできるデジタルマイクロメーター

0

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

美容師や理容師の方で、お客さんからの要望で髪の毛の太さを測らなければならない、なんてかたも多いかと思います。

あるいは印刷屋さんやデザイナーで、紙の厚さを知りたい、その他釣具屋さんで、釣り糸の太さを知りたい、プラモデルや工作、DIYで精密ネジの太さを知りたいなんて人もいるかもしれません。

そんな時に活躍するのが、この、「マイクロメーター」です。
PK-1012CPX_2

プロならデジタルがオススメ

マイクロメーターは、モノにもよりますが、厚さが0mmのものから1cm(10mm)のものまで測定することができます。

測定単位は、0.01mm、100分の1ミリ、1000分の1センチです。

電池が必要ないアナログの物もありますが、さすがにここまで単位が小さくなると、やはり読み取るのも一苦労、「あれ?これ、何ミリかな?」なんて、読み取りに苦労している姿をお客さんに見られたら、アマチュアっぽくて、信用を失ってしまいます。

読み取りミスもけっこう起こるものなので、デジタルをオススメします。

デジタルなら一発表示でスマートです。

似て非なる中国製品

アマゾンや楽天などで、たまに登場するブランド名が不明の中国製品。

だいたい、デジタルのマイクロメーターは安いもので5000円程なのですが、アマゾンや楽天などの関連商品に、たまに、その半分、3分の1くらいの値段で同じようなものが出たりするんですよね。

基本的に、外見は同じだけど、中身はまったくの別物だと思ってください。

手にとって見てみれば、すぐ分かるんですけど、ネットショッピングだと、判断材料は写真しかありませんからね。

ついつい値段につられて、買っちゃう気持ちもわかります。

でも、特にプロの人なんかは、結局使い物にならなくて、買い直すはめになるんですね。

買うのでしたら、ほんの数千円の違いなんで、日本メーカーのものをかいましょう。

有名なのは、「ミツトヨ」か「シンワ」です。

コメントを残す