エアコンなしでぐっすりと快眠できる水が循環する冷却マット

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

エアコンを使わない、使えない

エアコンを使わないことによる熱中症も原因と話題を呼んだ痛ましい事故

エアコンを使わないことによる熱中症も原因と話題を呼んだ痛ましい事故

エアコンの冷房で喉を痛めるので、寝るときといえどもあまり使いたくない。

昭和生まれの頑固老人が、どうしてもよるエアコンを使ってくれない、いろいろな理由で、

熱帯夜にもかかわらず、クーラーを使わない人、使えない人がいるかと思います。

しかし、地球の平均温度は確実に毎年上がっています。

特に日本の首都圏などでは、ヒートアイランド現象のせいで、十年前と比べて、夜の平均気温は4度も上がっています。

昔みたいに、「我慢」が通用しなくなってきています。

ここのところ、夏になると「熱中症で病院に担ぎ込まれた」なんてニュースが夏の恒例になってきていますもんね。

去年の熱中症と診断されたうちの40%は睡眠時だったという統計もあります。

我慢することで、「熱中症」になってしまい、生命の危険を生じかねません。

エアコンを使わないにしても、何らかの形で、睡眠中にクールダウンさせなければならないのです。

扇風機も、ジェルマットも試してみたけれど・・・

エアコン使わない代わりにと、扇風機を試してみるも、どうしても風が当たるのが苦手という人もいます。

また、ジェルマットといった、冷却材がはいったマットを試してみたものの、

はじめのうちは確かにひんやりして、気持よかったのだけど、数時間もすると冷却効果が終わってしまい、

逆に体温で温められて暖かくなってしまったなんてことに。

■水の上に寝そべる気持ちよさ、ホットカーペットの冷房版?

outlast やっぱり快適に寝るには、一番体に触れるマット自体がひんやりしているのが、一番効果的です。

そう考えると、ジェルマットがいいのですが、ジェルマットの欠点は、時間がたつと、ジェルが体温に温められてしまう点でした。

このジェルマットの一番の欠点を解消したのが、この水循環マットです。ひんやりとした水を循環させることで、

冷たさを一定に保つことが可能になったのです。

つまり、朝まで、まるで海の上に寝るかのようなひんやり感が続くのです。

■電気代はエアコンの10分の1、

温度調節できるとなると、電気代もすごく掛かりそうな気がしますけど、エアコンと比較すると、電気代は約10分の1、一日に換算すると18円、一ヶ月で504円。

これなら、電気代を気にすることなく、毎日使えますね。

真夏の睡眠を快適にサポートする【水循環マット】で毎日ぐっすり!

E38193E3828CE4B880E58FB0E381A7E586B7E58DB4E6B8A9E786B1EFBCAFEFBCABEFBC81

コメントを残す